ハロウィンとは?ハロウィンは収穫祭+悪霊を追い払うお祭り


ハロウィンは収穫祭

ハロウィンは古代ケルトの収穫祭+悪霊を追い払うお祭り

ハロウィンはソロスそもそも、ヨーロッパの古代ケルト(中央ヨーロッパからイギリスのブリテン諸島まで)を起源としていて、秋の収穫を祝い、その前に収穫物を盗み取ろうとする悪霊を追い出すためのお祭りです。

悪霊を追い出す方法はあなたが想像するように、

  • 悪霊が苦手なもので撃退する方法と、
  • 悪霊に好物や貢物をささげて、おとなしく帰ってもらう方法

の2つがあり、これは世界共通のようです(笑)

ハロウィン=仮装ではない

ハロウィンは1,950年代にアメリカへ渡り、悪霊に扮した子供たちが家々を回り、「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞーっ)」と言うイベントになりました。

いろんな子供たちがいろんな家を回って遊ぶ、地域のコミュニティーのお祭りだったということです。仮装「パレード」が中心になってるのは日本独自ということです。

 

アメリカではハロウィンの仮装はゾンビが主流

アメリカではハロウィンの仮装と言うと、本来、「悪霊が家にやってきて悪さをするのを、お菓子をあげて帰っていただく」と言うのが起源ですので、アメリカでのハロウィン仮装はゾンビ率が非常に高いんですが、日本では完全に「仮装」の部分だけがピックアップされていて、アニメや映画のキャラクターのコスプレディズニーのコスチューム等を着てる人が多いのも特徴です。

ここは池袋のコスプレフェスのように、日本独自のアニメ・コスプレ文化と、いい具合に混ざったものといえるのではないでしょうか?

仮装で手軽に非日常を楽しむ

そんなハロウィンが、なんでこれだけ盛り上がるのかというと、やっぱり仮装することによって、いつもと違う自分になって日常を忘れられると言う変身願望を満たせると言うのがあります。

大阪のUSJでは全身仮装を推奨しています。
そうすることで、ほんとに日常を忘れて「純粋にハロウィンやUSJのテーマパークという非日常を楽しめる」ということでお勧めしているそうです。

 

ハロウィンのお祭りは日本人のお祭りとダブる

もともと「日本人はお祭り好き」と言われています。
特に農業では毎日の生活と言うのは単調になりがちです。
そういった農作業の1年の締めくくりになるのが秋ですので、秋の収穫祭にハッピを着て、お祭りで楽しめると言うのは日本人の歴史にも深くなじんでいます。

日本の米を中心とした稲作では春先の田植えの前の豊作を祈るお祭りがあるのと同時に、秋には収穫を感謝するお祭りがあったのです。

 

ハロウィンの日本での急拡大はSNSが貢献

また、ちょうど2010年ごろから、急速に広がったSNS、Twitterやラインがハロウィンの急拡大に貢献しています。
仮装した写真をFacebookやTwitterにアップして、「いいね!」なんてやってもらえると、仮装するほうもやる気が出ますし、見たほうも、「自分も仮装してみようかな」と思うようになりますよね?

これによって認知度がぐっと2010年からの短期間で日本でのハロウィンの市場規模が560億円から1220億円まで2倍にまで広まってきた理由と考えられています。

 

ハロウィンは親子のコミュニケーションを図るイベントで企業のイメージアップに

またUSJやディズニーランドなど、テーマパークやジャックオーランタンや壁飾りなどのインテリア雑貨、子供たちに配るお菓子・食料品などの企業でも、このハロウィンを「親子のコミニュケーションを図るイベント」という大義名分でプロモーションできましたので、そういったところで力を入れやすかったと言うところもあります。

ネスレ日本の高岡社長も「約10年前からお菓子を中心に(ネスレはコーヒーもありますが、チョコレートのメーカーです)、ハロウィンのキャンペーンを展開しており、ハロウィンが普及・定着してきて嬉しい」と言うふうにおっしゃっています。

1983年にキディーランドが日本で初めてのハロウィンのパレード行ったとされています。
1997年には東京ディズニーランドが10月31日限定のイベントを開催して以降、「クリスマスに次ぐ定番イベントとして定着させたい」と言うことでがんばってきたそうです。

 

日本のハロウィンは大人も楽しめるイベント

ちなみにアメリカ人から見た日本のハロウィンと言うと、「アメリカでは子供のためのイベントだが、日本では大人も楽しめるイベントになっている」と言うことです。
また、「日本人はハロウィンが近づくと、かぼちゃばっかり食べているがアメリカにはそんな風習はない」と言うことです。ま、かぼちゃの種類も違いますし、正直アメリカのジャックオーランタンを作るための巨大カボチャはおいしくないというか、味が全然無いので、中身はくりぬいたら捨ててしまうそうです。orz。。

関連商品/記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>